TOEICは帰国子女の方が有利なの?

TOEICはリスニングの問題の数が多いので、英語圏で生活した経験を持つ人にとって有利になることがあります。帰国子女の人が受けたら、海外経験のないの日本人にくらべて点数が高くなることが多いです。だからと言って、海外経験のない人が高い点数を取れないわけではありません。一度も海外に行ったことのない人が900点以上を取ることがあります。一番大切なことはコツコツと勉強することです。単語をできるだけ多く覚えて、基本的な文法をマスターし、長文を読みこなせるようになれば、海外経験のない人でもTOEICの点数は上がっていきます。ただし、ネーティブの英語を聴くことは大切です。このテストではいろいろな種類のネーティブの英語がリスニングのパートで出題されます。ネーティブが吹き込んだ教材を購入して、ネーティブの発音に慣れるようにしましょう。

TOEICテストについて

TOEICテストとは、英語によるコミュニケーション能力を評価するテストです。最大の特徴は、その評価基準が世界共通であるということです。TOEICテストは世界約150か国で実施されています。そして、結果は合格不合格ではなく、スコアで評価されます。スコアは10点から990点まであり、5点刻みに点数がつきます。そのため、その人の現在の英語能力を正確に示すことができ、また「TOEIC何点を目指す」というような、個人個人に合わせた目標設定もしやすいです。グローバル化がすすむ現代で、英語能力、とりわけ英語によるコミュニケーション能力はたいへん重要なものになってきています。そこで、企業が社員の英語能力をはかるために使用したり、学校が、単位認定基準としたり推薦入試基準としたりするなど、いろいろな使われ方をしています。

TOEIC試験で英語力を試そう

ペーパーテストの点数は秀逸なのに、いざ英会話になると尻込みしてしまう方は多いのではないでしょうか。日本の英語教育は、どうしても文法や長文理解に重きを置いてしまいます。大学受験があるためですが、今のままでは世界に通用する人材が育ちません。政府はようやく問題に気付き、小学校からの英語教育を充実させるプログラムを計画しています。成果が出るのはまだまだ先のことですが、英検やTOEICにおいては目覚ましい効果が期待されています。近年、企業においてはTOEIC試験の評価が急上昇しています。より実戦的な英語力が身に付いている証明になりますし、採用試験の際には優遇を受けることもあります。海外に支店を設けている企業の場合、英語力に長けた人材は喉から手が出る程欲しいはずです。今や世界の公用語ですし、重要性はますます高まります。

当社のサービスはTOEICの受験・試験対策で、本物の英語力を高めることを目的に、TOEICの得点という明確な形でその成果をあげています。 一般企業・官公庁・大学等から多く集い、常時250名以上が通学しています。 当スクールでは、英語能力に関する試験の対策として効果的な指導を行っており、正しい学習法に関する指導も行っています。 TOEICの短期集中講座ならエッセンスイングリッシュスクールへ