初めて受ける時はTOEICで何点取れば良いのか

TOEICを初めて受ける時はできるだけ600点以上を取るようにしましょう。600点以上取ることができたら、就職や転職の時に有利になります。この点数は英語を使って限定的なコミュニケーションができるというレベルになります。限定的と言ってもある程度の意志の疎通は可能なレベルなので、英語を使って仕事をすることが可能になります。外資系の会社を目指すときは700点以上が好ましいです。ただし600点以上取ることは、簡単なことではありません。特に英語が苦手な人には難しく感じます。英語が苦手な方だったら、500点台の点数をまずは目標にしましょう。500点台の点数だったら、就職や転職の時に有利になることは少ないです。それでもアジアを拠点とする外資系の会社だったら、500点台でも構わないところがあります。ただしその場合は、営業などの実務経験が重視されます。

TOEICは他の語学試験より難しいのか

TOEICに似た試験はいろいろあります。日本で作られたものもあり、小学生や中学生の多くが受験します。他の語学の試験にくらべると、TOEICはやさしいと言えます。その一番の理由は難解な言葉が出題されないからです。他の語学試験では、高い級になるとネーティブの人にとっても難しい単語や表現が問題として出されることがあります。また二次試験でスピーキングの試験があることがあります。TOEICは原則としてリスニングとリーディングの試験だけです。ただしこの試験にも難しい点があります。リスニング、リーディングと合わせて200問の問題が出題されるので、素早く解いていくことが求められます。スピードをあげて問題を解かないと最後まで解くことはできません。他の語学試験にくらべて、この試験では日常生活で身近に使用される英語が出題されることが多いです。

TOEICの一番有効な対策は

TOEICの一番有効な対策は過去の問題を繰り返し解いていくことです。TOEICはやや特殊な形式を持っています。問題の数が200問と多く、制限時間はリスニングが45分、リーディングが75分と短くなっています。短い時間の間に大量の問題を解かなければなりません。この形式になれるには、過去問を繰り返し解くことが最善の方法です。最初のうちは制限時間内に全部の問題を解けないかもしれません。しかし、繰り返し過去問を解いているとこの形式に慣れて、問題を早く出来るようになります。そして最終的には時間内に全問できるようになります。過去問を解くときには注意すべき点がいくつかあります。まず大切なことは自分の知らなかった単語や表現を覚えるようにすることです。それを繰り返すことで、語彙力を増やせます。次に大切なことは長文の問題に力を入れることです。長文のパートが一番難しいので、特に重点を置いて勉強する必要があります。